【プログラマ】友人の誘いで勤務時間が短く給料も前より増える職場に転職できた話

【プログラマ】友人の誘いで勤務時間が短く給料も前より増える職場に転職できた話

IT企業はどんどんと増えてきています。仕事も多岐に渡り発展を続けている業界の一つです。大体社員は若い人が多くのびのびした社風のところが多く、社長が自分より年下であることもよくあること。

IT企業の中には在宅勤務が認められている会社もあります。そうなると大変な通勤時間を過ごさなくてもよくなるので、遠方に住んでいる人たちにとってはとても働きやすくなる制度です。

パソコンが一台あればどこでも仕事ができる、それがIT業界で仕事をする上で大きな魅力でもあるのではないでしょうか。

私はメリハリをつけたかったので在宅勤務はしませんでしたが、子育てをしている友人は在宅勤務をしていました。

前置きが少し長くなってしまいましたが、それでは私の転職する経緯についてお話させていただきたいと思います。

技術は身につけたもののなかなか見つからない転職先

一定の期間勤めればかなりの能力が付いてきます。そうなるとより良い条件の会社を探すようになります。

私は午前9時から午後6時まで(休憩1時間)の8時間勤務をしていましたが、もっと勤務時間の短い会社を探していました。趣味の時間や家族と過ごす時間をもっと取りたいと思ったからです。

朝は強い方なので、朝は早くても構わないので勤務終了時間が早い会社を中心に探していました。プログラマーとしてはそれなりの知識は身に付けたので、簡単に見つかるだろうと思っていましたが、在職しながらの就職活動は思ったよりもずっと大変でした。

行き詰まった時に友人から持ちかけられた転職の誘い

勤務時間に転職の情報を集めるわけには行かないので、仕事終了後の時間を使い転職先を探していました。

家に帰ってから時間を作り転職先を探していました。なかなか条件の良い会社は見つかりませんでした。そんな時、同じくプログラマーをしている友人から転職の誘いを受けたのです。

勤務時間は午前9時から午後4時までと私の希望通りの勤務体系でした。しかもフレックス勤務が可能と言うことにもなっていました。給料を聞いてみると約1.3倍くらいになるようでした。

勤務時間は私の希望通りですが他の条件も良く比べないといけないので聞いてみました。有給の取りやすさや、残業のある無しなども転職をするに当たっては大事な要素になります。

転職先として狙っていたその会社は社員数が多く、有給は取りやすいとのことでした。半日と言う単位での有給も取得可能でした。病院に行ったりする時には便利なシステムです。

立つ鳥水を濁さず…後始末はして転職を

私の中ではもう転職をする事に決めていましたが、今の会社で取り掛かっている業務をキチンと片付けなければならないので、転職を意識してから3ヶ月くらいかかりました。次の会社からはいつでもOKとの条件を頂いていたので大変助かりました。

しかし、さすがに取り掛かっている仕事を投げ出して転職するわけには行きません。最低限社会人としてのマナーだと思っています。

そうして会社を退職することになったら、引きとめされました。給料を少し上げてくれることを提案されましたが、転職先の方がより良い給料をもらえるので退職を決めました。

転職をしてみると、その会社も若い社員が多くのびのびしている感じは前の会社と同じようでした。40代の私は最年長に近かったです。職種によっては私より給料を貰っている社員もいるようでした。

勤務時間が午前9時から午後4時までと1時間短くなったので希望通り、趣味や子供と過ごす時間が多く取れるようになりました。

転職してから数年経ちますが今の会社に不満はありません。転職をして良かったと思っています。皆さんもいろいろな理由で転職をすることがあるかと思いますが、しっかりと条件を確認した上で転職するようにしましょう。