転職エージェントにうつ病だと伝えるべきか悩んでいるあなたに伝えたいこと

転職エージェントにうつ病だと伝えるべきか悩んでいるあなたに伝えたいこと

うつ病に限ったことではありませんが、転職エージェントのコンサルタントに病気の遍歴を打ち明けるべきかという問題は常に付きまとうもの。

病気だということを伝えると雇ってくれないかもしれない…ということにもなりかねませんし、すぐにでも就職したい人にとってはできるだけ打ち明けたくはない…が、後々問題になるのも避けたいというところ。

今回は、そういったデリケートな部分に切り込んでいきたいと思います。

 

転職エージェントにうつ病は伝えるべきか

結論から言うと、うつ病である(だった)という事は伝えるべきです。

先に言っておかないと、入社した会社で何か起こった場合に会社と転職エージェント、双方に迷惑をかけてしまうことになるためです。

ただ、過去にうつ病を経験している人が転職エージェントを利用する場合、殆どはすでに寛解状態を迎えているはずなので、寛解であるということをコンサルタントに伝えておけばよいのです。

寛解とは
症状が落ち着いて安定した状態の事。治ったわけでは無いが、経過次第ではそのまま治るという可能性もあるという状態のこと。

IT業界内でのうつ病は今や珍しいことではない

IT業界で働いている人はすでにご存知だと思いますが、業界内でうつ病にかかる人というのは珍しくも何ともありません。

勿論、一時期に比べると減ってはきているものの、会社によっては毎月100時間以上の残業が当たり前になっているという所もあります。

そういった背景もあり、転職エージェントのコンサルタントに自分がうつ病である(だった)という事を伝えてもあまり動じることはなく、むしろ淡々と話を進めることもよくある話です。

また、IT特化型の転職エージェントは数年間IT業界で働いた人がコンサルタントになっているため、自身も精神を病むような経験をしたことがある、という人もいます。

業界の内情を知り尽くしているからこそ、うつ病への理解もありしっかりと転職へ導いてくれるのです。

うつ病を治す(寛解)前に転職エージェントを使うのはやめよう

この記事を読んでいる方にひとつお願いがあるのですが、うつ病を治す前に転職エージェントを活用するのは控えましょう。

というのも、うつ病を治す目処が立つ前に転職エージェントを活用する人というのは、間違いなく何らかの原因で焦っているからです。

焦る気持ちを抑えつつ、段階を踏んで社会復帰する事が大切

うつ病になると様々なことに対してやる気が無くなったりすると世間からは思われがちですが、実際は違いますよね。

『周りに迷惑をかけたくないから早く社会復帰をしたい』だとか『自分の力でうつ病をなんとかしたい』という気持ちを持っている人も大勢いるんです。

その気持ちを持っているからこそ、社会復帰に焦ってしまいがちですが、ここはぐっと我慢して治療に専念しましょう。

すぐに社会復帰をしなくても次に就職したいと考えている業界の勉強は出来ますし、資格取得に向けた勉強だって出来ます。

なんなら、リワークプログラムや職業訓練を利用して段階的に社会復帰へ向けて動くことも可能です。

うつ病経験者がいきなり就職して社会復帰を目指すのはちょっとハードルが高いので、焦らず確実に動いていきましょう。

社会復帰を望むあなたにオススメする転職サービス紹介

社会復帰に向けて動くとなると、職業訓練やリワークプログラムなどを行って段階的に復職していく流れではありますが、最近では民間の企業も面白い試みを行っているサービスがでてきています。

特に、IT業界に就職・復職したいと考えている方にはオススメできるサービスばかりですので、参考にしてください。

ProEngineer(プロエンジニア)

未経験OK!無料で受けれるIT研修と就活塾 ProEngineer(プロエンジニア)

一番オススメしたい選択肢がこちら。

このProEngineerというサービスは受講料が完全無料で有りながら、高品質なIT研修が受けられるということで最近注目されてきているサービスです。

比較を見るとわかりますが、他のサービスと比べても明らかにサービスの質が違うことがわかります。

ProEngineerと他社の比較表

特に注目したい点としては受講形式の多様化と求人数。基本、こういったIT研修のスクールというのは通学形式かオンライン受講のいずれかにシフトしていることが多いのですが、ProEngineerは通学授業・通学個別授業・Skype個別授業などを行っており、自分に合った形式の授業が受けられるのが魅力。

また、このProEngineerというサービスは様々な企業からの協賛金を得ることで成り立っているサービスであるのと同時に、協賛していただいている企業の求人なども紹介しているため、IT研修後スムーズに就職に結びつけることが可能なのです。

IT研修だけではなく、エントリーシート指導・SPI対策・模擬面接・マナー研修等といった就職サポートも行っているため、ビジネスマナーとはしばらく無縁だったという人でも安心して就職活動に望めます。

更に詳細を知りたい方はこちらのIT研修と就活塾が完全無料で受けられるサービス ProEngineer(プロエンジニア)で紹介してありますので、ご参考にどうぞ。

WORKPORT(ワークポート)

Workport

WORKPORTは総合転職エージェントでありながらIT業界の案件が豊富なのが大きな魅力

WORKPORTは元々IT業界専門の転職エージェントでしたが、最近では総合転職エージェントとしてサービスを展開しています。

IT業界の転職先を探しつつ、他の業界の情報も入手することが出来るので様々な方向性から転職先を探す事が可能です。

また、WORKPORTは多くの非公開求人を保有しているので登録だけでもしておくと便利。

会社も東京・名古屋・大阪・福岡などにあるので、比較的来社して相談しやすいのも◎。

WORKPORTは無料のエンジニアスクールや転職セミナーなども開催しているため、新たにIT業界で働きたい・学び直したいという方にもオススメの転職エージェント。