採用面接で好印象を与えるカギは自己PRにアリ!そのポイントを紹介

採用面接で好印象を与えるカギは自己PRにアリ!そのポイントを紹介

転職する際に一番高い壁として反り立つ採用面接ですが、みなさんは如何にして乗り切っているでしょうか。

書類選考はだいたい通過するのに採用面接で落とされるという事が多いという人も中にはいると思います。

実は、そういった人に限って自己PRスキルが足りなくて落とされている可能性が高いという事をご存知ですか?

今回は何故か採用面接で落とされるという方のために、面接で好印象を与える自己PRの方法をご紹介していきますので、参考にしていただければと思います。

大前提として ”嘘” はつかない

面接で好印象を与える自己PRをしたいなら、絶対に嘘はつかないという事を心がけて下さい。

他の人とは違う所を見せようと思ってとにかく出来るアピールをしてしまう人が多々居ますが、よほど嘘が上手でない限りは入社してしばらくするとバレます。

その時は最悪クビになる可能性もあるし、嘘を隠し続けるのも精神を消耗してしまうので何一つ良いことが無いからです。

そもそも、嘘をつかなくても周りよりもいい印象を与えることは可能なので、面接で有りもしないスキルについて話したりするという考えはとりあえず捨てましょう。

とにかく自分を売り込もう!

好印象を与える自己PRをする方法はとにかくシンプルで、如何にして自分を売り込むかに懸かっています。

日本人というのはとにかく自分を売り込むのが下手くそで、相手から聞かれたことに対して上手く答えようとしてしまうからつい嘘をついてしまうことがあるのです。

つまり何が言いたいのかというと、面接官が根掘り葉掘り聞いてくるのを待つのではなくて、とにかく自分から何が出来るというアピールをしていくことが大切ということ。

それが出来るかどうかで面接の合否が決まるといっても過言ではないのです。

言ってることは同じでも言い方で印象は変わる

日本人は…とひとくくりにしてしまうのは語弊があるかもしれませんが、とにかく自信のない物言いをしてしまう事が多いのは紛れもなく日本人の特徴です。

例えば、日本人は1度しかやったことが無いことに対して『1度やったことがありますが…』と出来るか出来ないかの判断を濁してしまうところがありますが、多くの外国人は1度やったことなら『出来ます!』と自信満々にいってのけます。

こういった受け答えをして全く出来なかったら元も子もないですが、誰も新人に対して完璧な仕事を求めているわけではないので、採用する側も多少の失敗は当たり前だと理解しているのです。

日本人はとにかく表現がネガティブ過ぎるので、いつもの5割増しくらいポジティブな返答を心がけるくらいがちょうど良かったりします。

面接の時には、採用されたあとのことは考えず、とにかく出来ることをアピールしまくることを心がけましょう。

言葉に詰まっても良いから自分の話し方を大事にしよう

面接の際は言葉遣いに気を使って…というのは確かに大切な事ですが、時には感情的に受け答えすることも大切です。

一番ダメなのは、言葉を選びすぎて黙ってしまうこと。

考えてみて下さい。黙っていたら評価は0点ですが、喋りは下手でも話し続ければ少なからず熱意を伝えることは出来ます。

黙ってしまうことで大切なアピールポイントが無くなってしまうとしたら、ちょっと勿体無いと思いませんか?

採用面接は目立つ程採用率が上がる!ただし、

度を越えて目立とうとすると悪目立ちするのでその限りではありません。

じゃあどれくらいアピールすれば良いの?と思われるかもしれませんが、アピールするポイントについては面接前に決めておくと良いでしょう。

1人あたりに割り振られる自己PRの時間というのはそれほど長くはないので、時間内にパッといえる程度にまとめておくと好印象を与えることが出来ます。

時間内で自己PRが適切に出来る人というのは、プレゼンテーション能力が高いと認識してもらえるので、面接官から受ける評価が高いので、自己PRを1分~3分以内でまとめられるようにしておきましょう。

まとめ

自分から率先して自己PRをするというのは簡単なことではありませんが、それくらいの事をしないと面接官の目には留まりません。

人と違うことをする必要はありませんが、人一倍貪欲にアピールする心がけはしておいて損はないですよ。