転職エージェントとハローワーク、何が違う?どっちがオススメ?

転職エージェントとハローワークはどっちがオススメ?

転職エージェントの存在を知ったばかりの人はよく『ハローワークと何が違うの?』『求人サイトの方が気軽に職探しできるんじゃ?』という疑問を抱いてしまうものですが【就職支援サービス】というくくりでまとめればどれも変わりません。

しかし、実際のサービス内容を考えてみると明確な違いが見えてきます。

今回は、ハローワークと転職エージェントの明確な違いや全国に支店がある転職エージェントの情報について紹介していきますので、職探しをしている方は是非参考にしてください。

 

正直何が違うのかって?…いや、ぜんぜん違うよ!特に

スタッフの対応力がずば抜けて違います。

ハローワークは基本的に事務的な受付を行うだけですが、転職エージェントの場合は利用者を就職させるためにはどうしたらいいかということをしっかりと考え、アドバイスしてくれます。

というか転職エージェントは利用者を就職させる事により紹介会社より報酬を得ているので、生半可なアドバイスや対応をしないというだけなのですが、これくらい割り切った関係のほうがこちらとしても変な勘ぐりをすることもないのでやりやすいですよね。

気軽なのはハローワーク、手堅いのは転職エージェント

ハローワークと転職エージェント、どちらがいいといわれると間違いなく転職エージェントをオススメするのですが、気軽に通うことが出来るのはハローワークです。

ハローワークは事業所に行ってパソコンで求人検索が出来ますし、具体的にどういった職に就きたいか決まっていなくても気軽にスタッフへ相談することが出来ます。

勿論、転職エージェントでも同様の活用は出来ますが、具体的な転職に向けた打ち合わせ等が行われるため、気軽ではないです。

とはいえ、絶対に就職したいという気持ちがあって利用するのであれば、転職エージェントを活用すべきでしょう。

職業訓練をしたいとか、何らかの制度を受けたいというのであれば、まずはハローワークに行ったほうがいいと思いますが。

都市部に住んでいる人はハローワークより転職エージェントを活用しよう

転職エージェントは会社によって支店の数が違い、多いサービスだと全国各地に支店を構えている転職エージェントも存在しています。

都市部ではない地域の場合だと通いづらいというデメリットがありますが、通える位置に転職エージェントの支店がある場合には、積極的に活用することをオススメします。

次の項で紹介しますが、最近では沖縄や北海道などに支店を構えた転職エージェントも増えてきていますので『自分の住んでる地域にはないだろう…』と諦めてしまう前にとりあえず確認してみましょう。

全国に支店がある転職エージェント3選

WORKPORT(ワークポート)

Workport

WORKPORTは総合転職エージェントでありながらIT業界の案件が豊富なのが大きな魅力

WORKPORTは元々IT業界専門の転職エージェントでしたが、最近では総合転職エージェントとしてサービスを展開しています。

IT業界の転職先を探しつつ、他の業界の情報も入手することが出来るので様々な方向性から転職先を探す事が可能です。

また、WORKPORTは多くの非公開求人を保有しているので登録だけでもしておくと便利。

会社も東京・名古屋・大阪・福岡などにあるので、比較的来社して相談しやすいのも◎。

TokyoDive

tokyodive

仕事と住まいを同時に探してくれる、ちょっと変わった転職エージェント

TokyoDiveはその名の通り東京に移住して仕事をしたい人向けの転職エージェントです。

仕事が決まってから部屋を探すと焦ってしまいがちですが、同時進行で部屋探しが出来るというのは他の転職エージェントにはない魅力。

IT関連の職種は勿論のこと、事務・アパレルなどの仕事も紹介しているため、様々な角度から転職先を探す事が出来ます。

勿論、部屋探ししていない方や職探しだけをしている方の利用も可能です。

東京・札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡・沖縄に支店を展開しているので、地方に住んでいる方でも気軽に訪問して話を聞く事ができます。