Webデザイナーが転職エージェントを活用することで得られる利点とは?

Webデザイナーが転職エージェントを活用することで得られる利点とは?

転職エージェントといえば大きなプロジェクトに参加するようなプログラマーの方が利用するというイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、最近はWebデザイナーやディレクター関連の案件を紹介している転職エージェントも多数存在しているって知っていましたか?

転職エージェントを活用すればハローワークや求人サイトを活用するよりも賢く確実に転職することが出来ます。

そこで今回は、WebデザイナーやWebディレクターが転職エージェントを活用することで得られる利点について紹介していきますので、転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

 

Webデザイナーは募集も多いがハズレも多い

Webデザイナーといえば、仕事の範囲に幅があるということもあり未経験でも就職しやすい界隈であるというのはIT業界で有名な話ですが、それと同時にプログラマーを始めとした他の業種に比べると給料が低いということもまた有名な話です。

特に、Webデザイナーと書いているだけで業務内容がわからず、入社したらひたすらバナーの作成だけをさせられる…という事も少なくありません。ルーチンワークが好きな方やお子さんがいて残業が出来ない主婦の方であれば問題ないかもしれませんが、何年もバナー作成業務だけするのは流石にキツイですよね。

また、IT業界特有ともいえる給与の振り幅。求人情報に書かれている給与の振り幅が大きい割に、入社してみたら1番下の給与テーブルからのスタートで、後は役職が上がらないと給料が上がらないという【スキルもへったくれもない給与テーブル】入社する前は『技術があればどんどん給与は上がっていく』と聞いていたのに…となった人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際にそういった会社が多々あるのも事実。

では、そのような”ハズレ会社”に出会わないようにするにはどうしたら良いのか。

そこで私は転職エージェントをオススメしたいのです。

転職エージェントを活用することで何が変わるのか

給与や待遇の交渉をコンサルタントにおまかせできる

転職エージェントを活用すると専属のコンサルタントがつきます。

コンサルタントと相談しながら自分に合った仕事を見つけていくのですが、もし気に入った会社があって、そこと面接がしたい!という場合には、コンサルタントが面接のセッティング・給与交渉・待遇交渉などを行ってくれます。

利用者としては至れり尽くせり過ぎて違和感を感じてしまうかもしれませんが、転職エージェントは人材を紹介する時にしっかりと手数料を頂いているので最後までしっかりとサポートしてくれるのです。

自分のスキルややりたいことに合わせて仕事を選んでくれる

転職エージェントに所属しているコンサルタントは、基本的にIT業界を経験している方がコンサルタントになっているので、業界の内情に精通している方が多いです。

その為、自分のスキルに合わせた求人情報を的確に紹介してくれますし、今のスキルだと入社は厳しい…といった会社もしっかり教えてくれます。

コンサルタントは良いことも悪いこともしっかりと教えてくれるので、結果的に転職で失敗する確率を減らすことが出来るのです。

面接対策や職務経歴書の書き方を教えてくれる

転職エージェントのコンサルタントは、なんと面接対策や職務経歴書の書き方なども教えてくれます。

至れり尽くせりとはまさにこの事。勿論ビジネスマナーについても指導してくれますし、転職エージェントによってはセミナーなども開催していますので、転職にあたって不安なことは全て払拭できると言っても過言ではありません。

職務経歴書はまだしも、面接対策は絶対に受けたほうが良いですね。というのも、先で話したとおり、コンサルタントは業界の経験者なので、面接でどういったことを聞いてくるかということはすでに熟知しているからです。

転職エージェントにすべてを任せるのは良くないので注意

転職エージェントのコンサルタントは基本的に有能なので、全てをおまかせしたくなる気持ちはわかりますが、これはあくまでも自分がいい会社に転職するための活動なので、自分でも求人情報をよく見て企業の情報をリサーチするようにしましょう。

そして、良さそうな求人情報があれば、コンサルタントに相談するのです。そうすると、その会社の長所や短所・必要なスキルなどを調べて教えてくれるので、こういったことを繰り返しながら良い企業を探していくことが賢い転職を行うコツでもあります。

転職エージェント側も、適当な所に就職させてしまうと企業からクレームが入ることがあるので、お互い相談の上で納得した会社にアプローチを掛けていくことが大切です。

どのような作業に注力したいのかを明確に決めておくことも大切

Webデザイナーと一言でいっても、人によってやりたい業務は異なります。デザイン系の業務をやりたい人もいれば、出来ればコーディングだけやりたい人もいるでしょう。もちろん、両方できたほうが良いに越したことはありませんが、どちらか1つを極めるだけでも十分なアピールポイントになりえます。

どちらか1つに注力したいという方は、コーディングとデザイン業務を分けている会社の求人を探すようにするといいでしょう。

業務を分けている傾向がある企業として、雇用人数の多い企業が挙げられます。雇用人数の多い会社は、作業を細分化している事が多く、デザインとコーディングを別々の人がやっている場合が多いですね。

そういった細かい情報に関しても、コンサルタントに相談しながらやっていけば失敗はありませんので、とにかく相談することをオススメします。

頑張りだけでは報われないからこその転職エージェント

私自身、Webデザインの仕事を中心にやっていた時期があるのでよくわかりますが、この業界は頑張れば頑張るだけ報われるという世界ではなく、よほどセンスが無い限り、技術を磨いて転職をしなければ収入をアップさせることが出来ない業界です。

とはいえ、デスクワークをしている人の多くは交渉下手な方も多く、一人で転職活動をしても中々上手く行かないこともよくあります。

だからこそ、業界に精通している転職エージェントのコンサルタントと一緒に転職活動を行うことが、最高の転職への第一歩なのです。

ハローワークの受付よりも親身になって対応してくれるコンサルタントに、一度相談してみませんか?

どんな転職エージェントがあるのかを更に細かく知りたいという方は、エンジニア必見!IT業界に強い転職エージェント・求人サイトランキングの方でも紹介していますので要チェック!

Webデザイナーにオススメの転職エージェント

Webデザイナー・ディレクターにオススメの転職エージェント WORKPORT(ワークポート)

Workport

WORKPORTは総合転職エージェントでありながらIT業界の案件が豊富なのが大きな魅力

WORKPORTは元々IT業界専門の転職エージェントでしたが、最近では総合転職エージェントとしてサービスを展開しています。

IT系の求人が多いのは勿論、Webデザイナーやディレクターの求人も多いのも魅力的。

また、WORKPORTは多くの非公開求人を保有しているので登録だけでもしておくと便利。

会社も東京・名古屋・大阪・福岡などにあるので、比較的来社して相談しやすいのも◎。