複数の転職エージェントを活用する強みについて

複数の転職エージェントを活用する強みについて

転職エージェントの活用している人であれば一度は疑問に思うであろう『転職エージェントの複数活用』について。

結論からいうと複数の転職エージェントを活用するのは全く問題ありません。

今回は転職エージェントを複数活用することのメリット・デメリットや2社目に登録するベストなタイミングについて紹介していきます。

2つ以上の転職エージェントを使うのは全然OK!

冒頭でも記載しましたが、複数の転職エージェントを活用するのは全く問題ありません。

感覚的には求人サイトとハローワークを同時に活用して求人情報を探すことと一緒です。

そもそも、転職エージェントを活用している最中でも別で良さそうな求人情報があればそちらに応募するのは当たり前ですし、エージェント側もそういったことが起こるのは日常茶飯事なので何も気にしていません。

ただし、転職エージェントもいきなり利用者と連絡がつかなくなってしまっては困ってしまうので、他の転職エージェントを活用している場合などには、予め一報を入れておくことが大切です。

幾つか転職エージェントのサイトを確認してみるとわかると思いますが、よくある質問欄に複数の転職エージェントを活用しても構わないという旨のQ&Aはよく載っています。

 

複数の転職エージェントを使うメリット・デメリット

複数の転職エージェントを活用することのメリットは多くありますが、多少デメリットもありますので、あわせて紹介していきます。

メリット

  • 各転職エージェントの非公開求人を確認することが出来る
  • 複数のコンサルタントの情報を仕入れる事が出来る
  • 様々なセミナーに参加することが可能
  • コンサルタントを躍起にさせることが出来る

各転職エージェントの非公開求人を確認することが出来る

複数の転職エージェントを活用する一番の旨みは間違いなくこれ。

各転職エージェントが保有している非公開求人を確認する事が出来る事。

転職エージェントというのは、登録しないと見せてくれない求人情報が数多く存在しており、中には独占している求人情報なども存在しています。

そういった求人情報を逃さず確認することが出来るというのが複数の転職エージェントを活用する大きな強みです。

複数のコンサルタントの情報を仕入れる事が出来る

複数の転職エージェントを活用すると手に入る情報は非公開求人だけではありません。

コンサルタントが持っている知識や情報を仕入れることが出来ます。

転職エージェントで勤めているコンサルタントは面接を受ける予定の会社に関する情報や、業界特有の面接対策方法などを知っていることが多く、知っていると就職活動に有利になる情報を色々と教えてくれます。

そういった情報は持っていれば持っているだけ良いので、複数の転職エージェントを活用して情報収集を行うのもアリです。

様々なセミナーに参加することが可能

転職エージェント主催のビジネスセミナーは勿論、就職活動に有利になる様々な情報を仕入れることが出来ます。
(ただし、セミナーを受けることに注力しすぎて就職活動がおろそかにならないように注意しましょう)

コンサルタントを躍起にさせることが出来る

別の転職エージェントを活用している旨をコンサルタントに伝えると、別の所で就職を決めてほしくないため、躍起になって求人情報を探して紹介してくれます。

躍起になって適当な求人情報を紹介されるのでは…?と思うかもしれませんが、コンサルタントが適当な求人情報を紹介して転職させた場合、マッチングが失敗してクレームに繋がるなんてことにもなりかねない為、半端な仕事をするということはないのでご安心を。

デメリット

  • 複数の転職エージェントとやり取りする手間が増える
  • 紹介される求人が大して変わらないことがある

複数の転職エージェントとやり取りする手間が増える

単純な話なんですが、複数の転職エージェントを活用するということは複数のコンサルタントとやり取りをするということなので、労力が増えます。

非公開求人情報が沢山手に入るのは良いですが、選択肢が増えると煩わしいという人もいますので、あまり労力を使いたくない人は無理して複数の転職エージェントを活用する必要はないでしょう。

紹介される求人が大して変わらないことがある

これは自分のスキルに問題があることも多いのですが、複数の転職エージェントを活用しても紹介される求人情報が代り映えしないことがあります。

この場合、スキルが限られているため紹介できる求人情報が少ないと言った可能性があるため、コンサルタントとこの先のキャリアパスを相談しあうと良いかもしれません。

2社目に登録するタイミングは?

転職エージェントを複数活用する場合、同時に登録するよりもタイミングをずらして登録したほうが良いです。

というのも、同時に登録するとやりたいことや就職先の希望条件が固まっておらず、無駄な労力を使ってしまうためです。

まずは1社目の転職コンサルタントとしっかり打ち合わせをして、方向性が決まった後に2社目に登録して打ち合わせを行うと話がスムーズに進みます。

タイミングとしては、2~3回打ち合わせをした後がベストだと思います。

複数の転職エージェントを積極的に活用していこう!

複数の転職エージェントを積極的に活用していくことで賢い転職活動を行うことが出来るので、コンサルタントに気兼ねせずにどんどん登録しちゃいましょう。

記事中でも書きましたが、複数の転職エージェントを活用する場合は、どの転職エージェントを活用しているかはいわなくても大丈夫ですので、ちゃんとコンサルタントに報告することを忘れずに!

複数の転職エージェントへの登録を公式でOKしているサービス

WORKPORT(ワークポート)

Workport

WORKPORTは総合転職エージェントでありながらIT業界の案件が豊富なのが大きな魅力

WORKPORTは元々IT業界専門の転職エージェントでしたが、最近では総合転職エージェントとしてサービスを展開しています。

IT業界の転職先を探しつつ、他の業界の情報も入手することが出来るので様々な方向性から転職先を探す事が可能です。

また、WORKPORTは多くの非公開求人を保有しているので登録だけでもしておくと便利。

会社も東京・名古屋・大阪・福岡などにあるので、比較的来社して相談しやすいのも◎。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

登録者数46,000人以上・求人数もトップクラスの業界最大手エージェント。

転職エージェントの中でも知名度が高く、キャリアコンサルタントの質とサイトの使いやすさに定評があります。

自分の強みを発見するためのヒアリングは勿論、面接対策や職務経歴書の添削などといったフォローサポートも充実。

どこに登録していいかわからないという場合でも、とりあえずレバテックキャリアに登録しておけば安心です。