【IT業界】第二新卒だからこそ転職エージェントを活用して賢く転職しよう!

【IT業界】第二新卒だからこそ転職エージェントを活用して賢く転職しよう!

結論から言いましょう。第二新卒のみなさんは転職エージェントを使ったほうが転職しやすいです。

おそらくこの記事を見ている方は第二新卒であり、新卒というカードを失ってしまい少々焦りを感じているのではないでしょうか?

ですがご安心ください。転職エージェントを活用すれば何処へでもというわけではありませんが、あなたの希望に沿う企業をコンサルタントと共に探すことが可能です。

今回は、そういったことも含めて第二新卒だからこそ転職エージェントを活用をオススメする理由を紹介していきます。

第二新卒とは?

そもそも第二新卒についての定義がよくわかっていないという方も多いと思うので説明すると『新卒で入社して1~3年未満の求職者』の事を指します。

何とも曖昧な線引ですが、大体23~26歳あたりがこの表現に最も当てはまりやすいのではないでしょうか。

新卒で入社した会社を退職し、次の転職先を探す状態…ということですね。

この状態に陥る人の多くが下記のような状態とのこと。

– 新卒採用において本命としていた企業が不採用、あるいは内定取り消しとなり、第二新卒として早期の転職を考えている。
– 「なんとなく」等の漠然とした目的で就職先を決定したが、しばらく働いている内に就職先と異なる特定の業界や企業に就職したいと考えるようになった。
– 新卒入社時に、そうとは知らずにブラック企業に入社してしまった。または、ブラック企業であることを事前に知っていたが、将来転職することを前提にやむを得ず入社した。

出典:第二新卒 – Wikipedia

第二新卒に転職エージェントをオススメする理由

新卒といえば基本的に企業にES(エントリーシート)を記載して、面接を受けていくのが主流ですが、第二新卒になるとそれが難しいため、一般的には転職サイトやハローワークに掲載されている求人情報を見て転職活動を行うことになります。

ですがその場合、適当な企業に就職してしまい前職と同じ失敗を繰り返してしまうという可能性も十分あり得ます。

そういったことにならないためにも、転職エージェントを活用し、コンサルタントと相談し合いながら自分の条件にあった企業を探していくことが大切なのです。

潜在的な希望を引き出してくれる

IT業界の案件を扱う転職エージェントのコンサルタントは、もともと業界内で働いていたことがある人がほとんどのため、業界の良し悪しを多く把握しています。

その為、利用者が『こんなことがしたい』『あの業務は向いてない気がする』といった条件を元に、その人にあった職種や企業を選んで提案してくれるのです。

自分では向いてないと思っていることでも違う視点から提案してくれることで見えてくることもあるので、一人で転職について考えるよりも広い視野を持って考慮することが出来ます。

第二新卒は思ってる以上に需要が高い

第二新卒を好んで採用する企業が増えている事実をあなたはご存知でしょうか。

新卒は0から会社の事を教え込めるため、従順に仕事をしてくれると思い採用している会社は多いのは既知の事実ですが、最近ではそういった常識は通用せず、自分の肌に合わないと思ったらすぐに辞めてしまうケースが増えています。

一度会社を辞めると『自分にはどういった仕事が向いているのか』という事を真剣に考えるようになり、次の職探しに慎重になります。慎重に検討して選んだ会社に入社すれば、中々辞めるといったことがありません。

だからこそ多くの企業は第二新卒を採用したがっているのです。

適当な企業に入って第二新卒のカードをムダにしないためにも、慎重に企業を選んでいきましょう。

【とりあえず】の転職よりも【ここが良い!】の転職を

何も考えずに次の就職先を探すとたいてい『なんか違うな…』という気持ちになり、長続きしないことが多いです。

そうならないためにも、なぜこの会社に入りたいのか?どういった利点があるのか?といったリサーチはかかさず行うようにしましょう。

あなたの人生はあなた自身が決めることなのですから。