【独立】働き方のひとつとして知っておきたいフリーランスエンジニアについて

働き方のひとつとして知っておきたいフリーランスエンジニアについて

ここ数年、エンジニアの働き方のひとつとしてフリーランスエンジニアという選択肢を選ぶ人が増えてきています。

フリーランスエンジニアはひとつの企業にとらわれず、プロジェクトに参加するという形で業務を行うスタイルの働き方で、場合によっては複数の会社を跨いで仕事をすることも少なくありません。

枠にとらわれない働き方が魅力のフリーランスエンジニアですが、今回は何故フリーランスエンジニアが求められているのか、メリットやデメリットはどういったところなのかということを紹介していきます。

フリーランスエンジニアが求められる理由

何故今フリーランスエンジニアが求められているのか?この疑問に関して率直にお答えするならば、人材不足と言わざるを得ません。

優秀なプログラマーというのは今や各企業での取り合いが活発化しており、一昔前のように会社が人材を選り好みするということができなくなってきています。

とはいえ、ゼロからスキルを伸ばして育てるという資金力や余裕もない企業が多く、結果的に即戦力になり得るフリーランスエンジニアと契約してプロジェクトに参加させるといった流れが一般的になってきているのです。

大まかの流れは先に話したとおりですが、それとは別の流れが最近出来てきています。

幾つかのベンチャー企業ではあえてプロジェクトにフリーランスエンジニアを活用するようになっているのです。

勿論それはエンジニアだけに限らず、WEBデザイナーやディレクターなど、各分野のエキスパートたちが集まってひとつのプロジェクトに参加したりすることも最近では多くなっています。

フリーランスでありながらお互いに刺激しながら成長していける環境に身を置けるというのは、エンジニアとしてとても刺激的ですよね。

フリーランスエンジニアのメリット・デメリット

フリーランスのメリット

とにかく自由!時間や場所に縛られない!!

これは恐らく誰もがわかっていて、それでいて憧れていることだと思いますが、フリーランスエンジニアになると基本的に時間や場所に縛られずに働くことが出来ます。

場合(契約内容)によっては会社に出社しなければならないパターンもありますが、基本的には自宅での作業が許されている案件が多いです。

とにかく何をとっても自由、これがフリーランスエンジニアの魅力にして真骨頂でしょう。

頑張りと工夫次第で収入を増やせる

フリーランスになると、会社員のように毎日お勤めに出ていれば給料がもらえるというわけではなく、指定された仕事をきっちり終わらせることにより報酬が貰えるという流れになります。

つまり、何が言いたいのかといいますと 結果が全てで工程は重要じゃない ということ。

例えば、ルーチンワークであればプログラムを組んで作業を自動化することにより時短を図ることが可能ですし、コードの書き方もコーディングルールにさえ則っていれば自由に書くことが出来ます。

会社だと作業効率化を図るほど新たな仕事が降ってきたりしてモチベーションが下がりますが、フリーランスだとそういったことはまずないので、安心して作業効率化を進めることが出来るのです。

常に新たな技術に触れ続けることが出来る

会社勤めのエンジニアだと、ある程度使える言語が限られていますが、フリーランスエンジニアの場合プロジェクト選びの際に扱う言語などを確認することが出来るため、自分のやる気次第では新たな言語を活用して仕事をすることも可能です。

その場合、事前に基礎知識くらいは無いと自分の首を締めることになってしまうため注意が必要ですが…。

新たに習得した言語をすぐ実戦に活かすことが出来るのは、フリーランスの醍醐味。

フリーランスのデメリット

収入が不安定

フリーランスは毎月同じように給料が貰えるわけではなく、稼げる時は稼げますが、仕事がないことも勿論あります。

特にフリーランスになりたての頃はそういった事が度々起こるため、そこでくじけてしまう方も一定数いるのも事実。

軍資金がなくなってフリーランスを辞めた…という事にならないように、予め50~100万程度は貯金しておく事をオススメします。
(もしも新たに事務所や仕事道具を揃える場合にはそれ以上溜めておかないと厳しいので注意)

自己管理力が試される

フリーランスになるとどんな生活をしていようと目の前の仕事さえ問題なくこなせば依頼は達成できます。

しかし、少し気を抜くと生活リズムが昼夜逆転していたり、仕事に対してサボりグセがついたりしてしまうことがあり、自己管理が出来ていないとすぐに不摂生な生活をしてしまいます。

それ以外にもタイムマネジメント・リスクマネジメントなども自分で行わなければならないため、会社員と比べると明らかに負担が増えるのです。

ただ、それもはじめだけなので、慣れれば道ということはなくなります。自己管理力の問題というのは、フリーランスになる際に誰しもが通る道なのです。

確定申告や税務周りの管理が大変

フリーランスになると避けては通れないのが確定申告や税務周りの管理。

レシートや領収書などをこまめにまとめておけば良いものの、気付いたら半年以上まとめてない…というのはよくある話。

最近はクラウドサービスでレシートが管理できるようになっているので、以前に比べるとだいぶ楽になった印象があります。

稼ぎがある程度でてきたら税理士に相談して管理してもらうという流れが一般的。

社会的信用がゼロになる

フリーランスになると社会的信用がほとんど無くなるため、お金の借り入れがしづらくなります。

事前に借り入れをする事がわかっている場合には会社勤めの期間中に借りておく事をオススメします。

そうでない場合はしばらくフリーランスとして活動し、安定した収入を目指すのが一番の近道です。

デメリットはメリットに変えることも出来る

フリーランスになるということは自由と引き換えに自己管理という枷を背負うということでもあります。

初めての事だらけで最初は四苦八苦するかもしれませんが、今回紹介しているデメリットの殆どは慣れにより解消されるものなので、それほど深く考える必要はないでしょう。

ただ、収入については常に心配がつきまとうと思いますので、そういったストレスとは上手く付き合っていくように努力が必要です。

自分の価値を理解して高める事が何より大切

フリーランスエンジニアというのは技術力の高さが重視される風潮があるように思われていますが、大切なのはそれだけではなく、自分にしか出せない価値を見出すことが何よりも大切なのです。

例えば

  • 他の人よりも仕事が早く、戻しにも柔軟に対応できる
  • 新たな技術を積極的に提案し、活用することが出来る
  • 誰とでも打ち解けるコミュニケーション力を持っている

これらのうち、どれかひとつを持っているだけでも重宝される人材になりえます。

技術力の高さも大切ですが、それに付随してプラスアルファのスキルがあると、自分の価値を見出しやすくなるのです。

もしも今、あなたが自分にそういった価値が無いと感じているのであれば、今からでも遅くはないので何かプラスアルファになり得るスキルを習得するように努力することをオススメします。

とりあえずフリーランスになってみる、という選択は大事

ここまで読み進めたあなたであれば恐らく、フリーランスになるという考えは固まっているかもしれませんが、もしまだ迷っているのであれば、一つだけ伝えておきたいことがあります。

とりあえずフリーランスになるという選択肢はけっして悪いことではありません。

特にフリーランスになったほうが良い人を挙げるなら会社に不満を持っている人です。

ただ意味もなく会社に不満を持っているという人が一度フリーランスになることで、自分がフリーランスに向いているのか会社員に向いているのかが嫌でもわかるからです。

もしもフリーランスが向いていると思うならそのまま続ければいいし、逆に厳しいなと感じるのであれば会社員に戻ればいい、少しの期間であってもフリーランスとして活動することはけっして無駄な経験にはなりません。

そういった理由から、とりあえずフリーランスという選択肢は大いにありだと私は思います。

もし技術的な面で不安があるのでしたら、IT研修と就活塾が完全無料で受けられるサービス ProEngineer(プロエンジニア)を活用して知識を磨いてみると良いかもしれません。

フリーランスエンジニアを目指す人は案件紹介サービスを利用しよう

1位:ギークスジョブ

ギークスジョブ

サイトの使いやすさ・セミナーの多さが魅力!確定申告のアドバイスも貰えます

フリーランスエンジニアを目指す方、すでになっている方の両方にオススメできるのがギークスジョブです。

ギークスジョブは案件数の多さは勿論のこと、様々な会社の開発現場に直接赴きインタビューを行っているため、会社の内情には詳しく、フリーランスエンジニアの方に的確なアドバイスをしてくれます。

勿論、プログラマーだけではなくHTML/CSSに関連した仕事の紹介なども行っておりますので、幅広い用途で利用することが可能です。

また「初めてのフリーランスセミナー」という名目の新人フリーランサーへのアドバイスセミナーなども行っておりますので、フリーランスになりたての方はぜひ活用することをオススメします。

2位:レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

案件探しから参画後のフォローまでしてくれるコーディネーターがついています。

レバテックフリーランスはフリーランサーとして是非とも知っておいたほうが良いサービスで、知名度も一番高いです。

とにかくコーディネーターの質が高いところが魅力で、案件を探して参画したあともサポートを行ってくれるという手厚さぶり。

また、他のフリーランス案件紹介サイトに比べて報酬が高めなのも魅力的です。

これまで培った技術を存分に活かして挑戦したい!という方にはオススメ。

3位:PE-BANK

PE-BANK

フリーランスエンジニアとの関わりは四半世紀の老舗

PE-BANKはとにかくフリーランスエンジニアと関わって四半世紀にもなる老舗で、これまで多くのフリーランスエンジニアと関わってきた経験と実績から、安心・安定したサービスを提供しています。

さらに、案件紹介の報酬額が8~12%という低マージンのため、安定した収入を手にすることも可能。

また、仕事のない期間を作らないよう、常に仕事を紹介してもらうことなども可能ですので、フリーランス業務にある程度慣れてきた方で『安定した仕事は欲しいけど営業はちょっと苦手』という方にオススメのサービスです。